海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

アジア、アメリカ、ヨーロッパ!世界に眠る感動スポットを詳しく紹介!海外スポット情報

HOME>スポット

マチュピチュだけじゃない!ペルーにある壮大なスケールの段々畑

  • 2017/06/16
  • facebook
  • twitter
pisac1 出典:http://pasionporviajar-lugaresinolvidables.blogspot.jp/2015/03/valle-sagrado-de-los-incas.html
段々畑は世界中で見られる農村の風景。でも、それが遺跡の段々畑となると、見られる場所はかぎられてきます。有名なのはマチュピチュの段々畑。旅行好きの人なら、1度は雑誌やインターネットで見たことがあるでしょう。

でも、おなじペルーの遺跡なら、ピサック(Pisac)の段々畑も見逃せないスポット。規模で見るなら、マチュピチュを上回るほどの見事な眺めが広がっています!しかも、現在でも先住民の人たちが作物を収穫しているというから驚き。ピサックの段々畑には、古代文明の知恵がギュッと凝縮されているのです!

「聖なる谷」にある先住民の村

ピサックがあるのは、クスコから北東へ30キロほど離れたアンデス山脈の中。マチュピチュ観光の拠点もクスコなので、マチュピチュと合わせてぜひ訪れたいスポットです。

クスコの周りに広がるアンデス山脈は、「聖なる谷」と呼ばれているエリア。インカ帝国の遺跡が眠るパワースポットとしても知られています!その「聖なる谷」の中でも、ひときわ個性的な存在感を放っている村こそピサックなのです。

pisac2
出典:http://www.traveladdicts.net/2010/05/sacred-valley-peru.html

ピサックは、アンデス山脈の真っ只中に位置する小さな村。上の画像では、左下に見える建物の集まりがピサック。村というより集落といった感じで、切り立つ断崖の上に築かれたマチュピチュとは反対に、盆地の底にひっそりとたたずんでいます。

谷底にあるとはいえ、ピサックの標高は3,250メートル!「アンデスの山ふところ」というキャッチフレーズがぴったりの雰囲気が漂っています!

美しい曲線が印象的な段々畑

ピサックの段々畑は、山の急斜面を切り開いた後に石垣で段差を付けて作られたもの。おもに作物を栽培するために使われていましたが、一説によると、農業試験場の役割も果たしていたとか。現在でいうと、作物を交配させてより高い栄養価の野菜類を作ろうとしていたのです!古代文明が秘める農耕技術の高さを物語る説ですね。

pisac.3
出典:http://www.recreoviral.com/lugares/razones-para-visitar-peru/

作物の栽培のほかにも、段々畑はいろいろな目的で利用されていました。部族間の抗争の時には要塞として、宗教儀礼を行う時には神殿として、またある時には高い身分の聖職者や統治者の住居として。しかも、それぞれの目的を実証する痕跡も見つかっているそうです。段々畑はピサックに暮らす先住民の生活に、なくてはならない場所だったのです!

pisac31
出典:https://www.instagram.com/p/BGT6T7aSK8Q/

遠くからの眺めも最高ですが、ぐっと近づいて見た方が、段々畑の魅力がよく伝わってくるでしょう。驚きは、畑の段差を作る石垣が美しい曲線を描いていること!しかも、カーブが付けられた石垣や畑の角度は、精密な計算にもとづいて設計されています。降りそそぐ日射しが効率よく斜面を照らすよう、段々畑の方向や傾斜度が決められていたのです!

ここで、ピサックの段々畑からの眺めが分かる動画をチェックしておきましょう。

画像では緩やかな斜面に思えますが、動画で見ると、いかに段々畑が急斜面であるかがよく分かりますね。段々畑の麓にあった茶色い家並みがピサックの集落です。

ピサックを訪れる際に気をつけたいのは、空気がとても薄いこと。集落から段々畑の頂上までは急斜面の連続で、ちょっとでも無理をするとすぐに息が上がってしまいます!ゆっくりと、周りの風景を楽しみながら頂上を目指しましょう!

段々畑の頂上にあるものは……

段々畑がある山の頂上には、宗教儀礼が行われていた神殿の遺跡が残っています。頂上は集落よりもずっと空に近い場所。太陽神を信仰していた古代文明の民族たちは、少しでも高いところに神殿や寺院を建てていたそうです。

pisac4
出典:http://www.machupicchu-tours-peru.com/blog/cusco/visita-guiada-pisac

また、頂上にある遺跡は神聖な空間であると同時に、天体観測が行われていた場所でもあります。太陽や星の動きを観察することで、先住民たちは種まきの時期を決めたり、作物の成長具合を把握したりしていました。こうした天体にまつわる知恵も、アンデス山脈で暮らしていた民族に共通する特徴です。

先住民のふつうの暮らしが見られるピサック

《ページ》

  • facebook
  • twitter