海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

アジア、アメリカ、ヨーロッパ!世界に眠る感動スポットを詳しく紹介!海外スポット情報

HOME>スポット

アルゼンチンにある南米初の人工ダムでダム穴を楽しもう!

  • 2017/05/31
  • facebook
  • twitter
diquesanroque1 出典:https://jp.pinterest.com/martapellizzari/sierras-de-cordoba-argentina/
中国の三峡ダム、アメリカのフーバーダム、パキスタンのタルベラダム、そして日本の黒部ダム。世界には観光名所となっているダムがいくつもあり、壮大なスケールの堤防やド迫力の放水で訪れる人を楽しませてくれます。

アルゼンチンのコルドバ州にある「サンロケダム(Dique San Roque)」は、南米で最初に建造された人工ダム。その古い歴史と合わせ、至近距離でダム穴が見られるスポットとしても注目を集めています。円形のダム穴に水が流れ込む様子は壮観の一言!その評判がクチコミで広まり、多くの観光客が殺到するようになりました!

今回は、ダム穴をメインに、サンロケダムの魅力をお伝えしましょう。

南米最古の人工ダム

サンロケダムがあるのは、コルドバ州のリゾート地として有名なサンロケ湖(lago San Roque)。山々に囲まれた自然あふれるスポットで、ダムはサンロケ湖に流れ込む渓流を堰き止める形で建造されました。

新旧二つの堤防があり、第1ダムが完成したのは1886年。ところが、完成から10年も経たないうちに悲劇が……構造上の欠陥が多数見つかり、稼働できない状態になってしまったのです。

新たな第2ダムの建造が始まったのは1944年。第1ダムから150メートル下流に新しいダムが築かれました。それが、現在稼働しているサンロケダムというわけです。

diquesanroque2
出典:https://jp.pinterest.com/hectorromanzini/el-terru%C3%B1o/

上の画像はサンロケダムを空撮でとらえたもの。右上の湖面にぽっかりと丸い穴が開いているのが分かるでしょうか。これが名所となっているダム穴。ここに流れ込む水が、堤防を挟んで左側から放出されるという構造です。

ダム穴と放水口の高低差はおよそ250メートル。道路から放水口を見下ろすと、足元がむずむずするような、吸い込まれる感覚を覚えるはず。訪れるタイミングによっては、圧巻の放水シーンが見られるでしょう!

diquesanroque3
出典:https://www.instagram.com/p/BNoxpPVAamK/

ダムによってできたサンロケ湖は、爽快な自然が広がるとても穏やかな観光エリア。湖畔に沿って走る道は絶景ルートとして有名で、くねくねとカーブを繰り返しながら快適なドライブが満喫できます。

カーブの数は大小合わせると100ヶ所以上!後ほど紹介する近郊のビリャ・カルロス・パスからレンタカーで行くと、最高のドライブが楽しめるはず!

サンロケダム名物のダム穴

豪快な水の放出は、どのダムでも最大の見せ場となっているでしょう。
もちろんサンロケダムでも迫力ある水の放出が見られますが、やはり注目したいのはダム穴に流れ込む水です。

diquesanroque4
出典:http://cordobaenfotografias.blogspot.jp/2010/03/blog-post.html

水しぶきを上げて流れ落ちていく水の紋様は一見の価値あり。ダムの水量によって、流れ込む水は毎回違った表情を見せてくれます。地味な光景に思えるでしょうが、いつまで眺めていても見飽きない爽やかな光景です!

diquesanroque5
出典:https://www.instagram.com/p/BC8LEUPy4mu/

場合によっては、上の画像のように何とも形容しがたい水の流れを見ることも可能。
さざ波を立ててダム穴に吸い込まれていく水流には、造形アートのような美しさが備わっています!

では、実際に動画でダム穴に流れ込む水の動きを見てみましょう。

サンロケダムの特徴は、ダム穴が道に面して設置されていること。間近からダム穴を見られるのは大きなポイントですよね。
しかも、日本なら安全面を考慮して背丈以上の柵が付くでしょうが、サンロケダムの柵は胸ほどの高さ。その分、迫力ある水の落ち込みをじっくり観賞できるのです!

サンロケダム観光の拠点はビリャ・カルロス・パス

《ページ》

  • facebook
  • twitter