海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

アジア、アメリカ、ヨーロッパ!世界に眠る感動スポットを詳しく紹介!海外スポット情報

HOME>スポット

ここは海?世界一小さいビーチはスペインの丘にあった!

  • 2016/10/04
  • facebook
  • twitter
gulpiyuri1 出典:http://laraizona.es/llanes-pide-permiso-a-fomento-para-abrir-un-parking-junto-a-la-playa-de-gulpiyuri/
ヨーロッパの1番南にあるイベリア半島は四方を海に囲まれたところ。
とりわけスペインには、白い砂浜のコスタ・ブランカや透き通った海水のマヨルカ島など、魅力あふれるビーチリゾートがたくさんあります。
でも、世界一小さいビーチがあることは、意外に知られていません!
ビーチの名前はプラジャ・デ・グルピユリ(La playa de Gulpiyuri)。
ビーチだけど丘にあるという、ちょっと不思議な光景が広がっています!

丘のなかにぽつんとあるビーチ

スペインと聞くと、乾燥した大地を思い浮かべる人が多いでしょう。
でも、カラカラに乾いた大地は、アンダルシア地方などスペイン南部の特徴。
プラジャ・デ・グルピユリがある北部はグリーン・スペインとも呼ばれるほど、緑豊かな自然に覆われているのです!

gulpiyuri2
出典:http://mas.lne.es/playas/llanes/48/playa-de-gulpiyuri.html

世界一小さいビーチがあるのは、緑が鮮やかな丘のなか。
おもしろいのは、ビーチなのに海に面していないこと!
上の画像で確認すると、プラジャ・デ・グルピユリは真ん中よりちょっと下にある白い円形の部分。ビスケー湾を望む丘の中に、ぽっかりと開けた場所がビーチになっているのです!
海岸線からプラジャ・デ・グルピユリまでの距離は、もっとも近いところでおよそ100メートル。でも、どうして丘のなかにこんなビーチができたのでしょうか?

gulpiyuri3
出典:https://www.instagram.com/p/5ruo2NPRPZ/

ビスケー湾から押し寄せる波はとても荒いことで有名。
しかも、海岸線はもろい石灰岩でできているので、荒波は海岸線をどんどん浸食していきました。
そう、プラジャ・デ・グルピユリは、波の浸食が内陸までおよび、そこに海水が流れ込むことで生まれたビーチなのです!

全長50メートルのビーチ

プラジャ・デ・グルピユリの全長はわずか50メートルほど!
端から端まで、あっという間に移動ができるほどの小ささです。
その貴重な成り立ちと地形から、プラジャ・デ・グルピユリは2001年に国の天然記念物に指定されました。

gulpiyuri4
出典:http://caminandosobreverdes.blogspot.jp/2013/10/playa-de-gulpiyuri.html

上の画像からも、プラジャ・デ・グルピユリのユニークな地形がよく分かるでしょう。
丘の向うに雄大なビスケー湾が広がっているとは想像できません!
今も波による浸食は続いているので、毎年ビーチの形が微妙に変化しているとか。

潮位によって海水の量が変化するビーチ

《ページ》

  • facebook
  • twitter

おすすめ!