海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

アジア、アメリカ、ヨーロッパ!世界に眠る感動スポットを詳しく紹介!海外スポット情報

HOME>スポット

スペインの世界遺産にはゴンドラの橋がある

  • 2016/06/28
  • facebook
  • twitter
vizcaya1 出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Puente_de_Vizcaya-Guecho_y_Portugalete.jpg
スペインの北部。フランスと隣り合うバスク地方のビルバオに、世界中から注目を浴びている橋があります。
それがちょっと変わった構造を持つビスカヤ橋(Puente de Vizcaya)。
遠くから見ると、とても橋とは思えない鉄の骨組みだけが川に架かっているのが分かります。
でも、橋なのに人が渡っている様子もありません。
一体どんな橋なのでしょうか?

動くゴンドラが両岸を往復

vizcaya2
出典:https://www.instagram.com/p/BFUcq0DsIyG/

ビスカヤ橋が建てられたのは1893年。
世界で初めて作られた、運搬橋と呼ばれる方式の橋です。
簡単に言えば、橋げたからワイヤーで吊るされたゴンドラが人を運搬する橋。
確かに変わった橋ですが、では、どうして普通の橋ではなく、運搬橋が作られたのでしょうか?

Vizcaya3
出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Portugalete_-_Puente_de_Vizcaya_24.jpg

ビスカヤ橋のあるビルバオは、古くから鉄鋼業で栄えた街ということで、
川には資材を運ぶ大型船が頻繁に行き来していました。

でも、そんなところに普通の橋を架けてしまっては、船が航行することができません。
そこで考えられたのが運搬橋。
橋げたを高くしてゴンドラを往復させれば、船の邪魔にならないという発想でした。

実は世界遺産なんです

《ページ》

  • facebook
  • twitter