海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

アジア、アメリカ、ヨーロッパ!世界に眠る感動スポットを詳しく紹介!海外スポット情報

HOME>スポット

チリの自然が創り出した洞窟が神秘的で美しすぎる!

  • 2016/06/22
  • facebook
  • twitter
marmol1 出典:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/4f/Catedral_de_m%C3%A1rmol_-_Chile.jpg/640px-Catedral_de_m%C3%A1rmol_-_Chile.jpg
パタゴニアは、チリとアルゼンチンの南部に広がる自然が豊かな観光エリア。
壮大な氷河あり、緑鮮やかな大草原あり、地平線まで果てしなく続く砂漠ありと、訪れる場所によっていろいろな表情を見せてくれます。


そんなパタゴニアにあって話題沸騰中のスポットこそ、チリにあるマルモル聖堂です。

マーブル模様の岩壁が特徴

聖堂という名前がついていますが、実は湖にある洞窟のこと
マルモルとはスペイン語でマーブルの意味。
そう、マーブル模様の岩肌がこの洞窟の名前の由来になっているのです。

妖しくも神秘的な輝きを放つ洞窟は、
魅力あふれるパタゴニアのなかでも、ここでしか見ることができません!

marmol2
出典:http://jp-lugaresfantasticos.blogspot.jp/2012/01/grutas-de-marmore-chile.html

マルモル聖堂は自然が生み出したアート作品。
洞窟に射し込む光の加減、気候や季節によって、マーブル模様は刻々と違った表情を見せてくれます。
実はこの洞窟、マルモル聖堂のほかにも、マルモル礼拝堂、マルモル大聖堂、マルモル洞窟など、いろいろな名前で呼ばれることがあります。どの名前も、洞窟が人々に与える神々しいイメージを物語っているようです。

アンデスのふところに抱かれた湖

marmol3
出典:http://101lugaresincreibles.com/wp-content/uploads/2011/02/catedral-de-marmol.jpg

マルモル聖堂があるのは、ヘネラル・カレーラ湖(Lago General Carrera)に浮かぶ小島のなか。チリ最大の湖で、周囲には雄大なアンデス山脈が連なっています。

そのアンデス山脈から吹きつける風と湖水の浸食によって、長い年月をかけてマルモル聖堂は創られました。

マルモル聖堂への出発点はプエルト・トランキーロから

《ページ》

  • facebook
  • twitter