海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

アジア、アメリカ、ヨーロッパ!世界に眠る感動スポットを詳しく紹介!海外スポット情報

HOME>スポット

ドイツの世界遺産には、集合住宅がある

  • 2016/04/22
  • facebook
  • twitter

その世界遺産は「集合住宅」

ドイツの首都ベルリンには、
世界遺産に登録されている集合住宅がなんと6ヶ所もあるんです。
そのうちのひとつ「Hufeisensiedlung」
上空から見た形が馬の蹄に似ていることから
「馬蹄住宅」と呼ばれるようになりました。

ha2
出典:https://www.instagram.com/p/5juKS_LKTW/?tagged=hufeisensiedlung

実際に住んでる人もおり、
蹄型の真ん中にあたる空間にある庭がなんとも哀愁漂う住宅です。

ha3
出典:https://www.instagram.com/p/8dh8aMQTcI/?tagged=hufeisensiedlung

なぜ住宅が世界遺産?

美しい庭があるとはいっても、特に見るポイントもないし、
なぜ集合住宅が世界遺産になっているのか疑問ですよね。

実はドイツにある6ヶ所の世界遺産集合住宅は、
1920年代後半から1930年代初頭に建設された「ベルリンのモダニズム建設」で、
当時の低所得者層に関する生活環境改善が背景にあり、
後に世界の集合住宅の様式にも影響を及ぼした点なども評価され、
世界遺産として登録されることになったそうです。

見所は特にありませんが、建築に興味のある方、少し違った世界遺産を見てみたい方、
ドイツに行った際寄ってみてはいかがですか?

  • facebook
  • twitter