海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

アジア、アメリカ、ヨーロッパ!世界に眠る感動スポットを詳しく紹介!海外スポット情報

HOME>スポット

世にも珍しい!原発の冷却塔を再利用したドイツの遊園地

  • 2016/03/11
  • facebook
  • twitter
ss 出典:https://www.instagram.com/p/7qUK03xyfN/?tagged=wunderlandkalkar
世界に数多くある遊園地の中でも、
原発を再利用した遊園地はおそらくここしかないでしょう!
ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州北西部の
オランダ国境に近いカルカーにある遊園地
「Wunderland Kalkar(ワンダーランドカルカー)」では、
原発の冷却塔を再利用したアトラクションが大人気です。

もともと日本のもんじゅと同時期に運転予定だった
高速増殖炉を遊園地に再利用したのは、
ドイツの実業家、ヘンニー・ファン・デル・モスト氏。
これまでも、もともと他の目的で作られた場所を
多くのテーマパークに作り替えて経営しているのだとか。

冷却塔の壁スレスレを回る巨大ブランコ

ss2
出典:https://www.instagram.com/p/7A0x19L-Ke/?taken-at=274830373

原発の冷却塔の中をぐるぐると回る巨大ブランコ。
アトラクションとしては非常にシンプルな造りですが、
壁に叩き付けられるのではないかというスリルと、
元冷却塔を上空から眺める爽快感を味わえるブランコは世界でもここだけ!

実はこの巨大ブランコ、外側はクライミングウォールとなっており、
1つの施設で2度楽しめるアトラクションとなっています。
遊園地好きの方にはぜひ体験していただきたいアトラクションの一つです!

ss3
出典:https://www.instagram.com/p/5Ko1NCx_Fe/?tagged=wunderlandkalkar

原発の消防隊管制センターも再利用

「Wunderland Kalkar(ワンダーランドカルカー)」では、
冷却塔だけではなく、様々な施設が再利用されています。
例えば、原発の消防隊官制センターはボーリング場に、
中央制御室はレストランバーに、原子炉建屋はホテルに、
見事な方向転換で新しい姿に生まれ変わっています。

普段なかなか入れない原発で遊べるなんて、大人でもワクワクしますよね。
次の長期休暇の訪問先として是非ドイツを検討してみてはいかがでしょうか?

ss4
出典:https://www.instagram.com/p/2sxJ7LGsjy/?taken-at=274830373

  • facebook
  • twitter