海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

世界のあらゆる国やエリアの魅力を詳しく紹介!キクミルのPICK UP!

HOME>ピックアップ

オランダ旅の基本情報

  • 2017/01/23
  • facebook
  • twitter
キンデルダイク (4)写真提供:オランダ政府観光局
西ヨーロッパに位置し、小さな国土ながらも様々な文化や芸術、
自然が息づく国・オランダ。 風車がまわり、チューリップが咲き誇っているような、豊かな時間が流れているイメージがありますが、春はオランダを観光するのにとてもおすすめの季節!
イメージ通りの楽しみ方もありますが、それ以外の楽しみ方も知れば、きっと春のオランダを訪れたくなるはず。 その前に、まずはオランダの旅の基本情報をチェックしてみましょう。

【国名】

正式名称:ネーデルラント王国(Koninkrijk der Nederlanden)
「ネーデルラント」とは「低い土地」という意味。
日本語の「オランダ」という言葉はポルトガルから伝わったといわれています。

【人口】

約1,700万人(2016年1月)

【面積】

4万1,528㎢
九州ほどの面積

【首都】

アムステルダム

【公用語】

オランダ語

【通貨】

€ユーロ(EU加盟国)

【GDP】

6,628億ユーロ€

【気候】

北海道より北に位置していますが、
海洋性気候の影響により厳しい寒さはなく、冬でも東京のマイナス2℃ほど。
春・秋は短く、夏はそこまで暑くなく25℃くらいでカラッとしています。
天候は変わりやすく、1年を通して小雨程度が頻繁に降ります。
降水量は季節での偏りはありません。

【時差】

日本との時差はマイナス8時間(夏時間のときはマイナス7時間)

【電圧とプラグ】

電圧は230V、周波数は50Hz。
日本の電化製品を使用する場合は、BまたはCタイプのプラグ、
変圧器が必要です。

【チップ】

サービス料がかかっている場所は基本的に不要。無い場合は10%程度。
タクシーは10%程度、ホテルでベルボーイや
ルームサービスに頼み事などをした場合、
1回につき€0.5~1程度を渡します。
トイレは料金が指定されている場所もありますが、
無い場合は€0.5程度支払うと良いです。

【トイレ】

女性用はダーメスDames、男性用はヘーレンHeren。
公共施設のトイレはきれいに整備されています。

【パスポート】

残存期間が原則として出国時に3ヶ月以上必要。

【世界遺産】

オランダには文化遺産9件、自然遺産1件の世界遺産が存在します。

〈文化遺産〉
キンデンダイク−エルスハウトの風車群

キンデルダイク (2)
写真提供:オランダ政府観光局

1997年に登録された、オランダを象徴する文化遺産。
国土の4分の1が海抜0m下にあるオランダでは、たびたび水害に見舞われて、排水方法の確立は国家が最優先課題であるなか、水抜きとして作られたのがこの風車群です。
〈自然遺産〉
ワッデン海

2009年に登録されたオランダとドイツ全長500km、
約10,000㎢にもまたがる浅瀬エリア。
6時間ごとに潮の満ち引きが繰り返され、海ができたり、陸が現れたりする不思議なスポットとして観光客だけでなくプロのカメラマンなどからも広く愛される場所です。
遠浅の干潟には様々な生態系が根付いており、特に鳥類は一度に何百万羽が飛来しとどまるという壮大な光景が広がります。

「世界は神が作った、オランダはオランダ人が作った」という言葉がある通り、
干拓地を作り国土を自分たちの手で拡げてきたオランダの人々は、
素朴で我慢強く、また国際的な海洋貿易で栄えた歴史から、誰に対しても率直でオープンな気質を持っていると言われることもあります。

次のトピックからは、春のオランダの魅力にぐぐっと迫っていきます!

  • facebook
  • twitter