海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

世界のあらゆる国やエリアの魅力を詳しく紹介!キクミルのPICK UP!

HOME>ピックアップ

チュニジア旅の基本情報

  • 2016/09/12
  • facebook
  • twitter
6y9a4829-m
「チュニジア」という国について聞かれて、イメージするものは何でしょうか? どこに位置するのか、何が有名なのか・・・即答できる方もいるかもしれませんが、即答できない方には、期待以上の旅が待っているということだけお伝えしておきます。 今回は、北アフリカに位置するチュニジアの歴史あふれる文化、遺産、そして宇宙を感じられる場所?!など、盛りだくさんにご紹介していきます。 まずは基本情報をチェックして、チュニジアの理解を深めましょう!

【国・州名】

Tunisia / チュニジア共和国

【首都】

Tunis / チュニス

【人口】

1,099万人(2014年現在、外務省発表データより)

【面積】

16万2,155㎢
日本の約5分の2

【地理】

北アフリカに位置し、西にアルジェリア、南東にリビアと国境を接し、北と東は地中海に囲まれています。

【公用語】

アラビア語
このほかに、フランス語も一般的に広く普及しています。

【通貨】

6y9a6645-m
©Tunisia Tourism Office

チュニジアン・ディナール(TND)
1TND=62円(2015年年間平均レート/チュニジア中央銀行)
日本円から直接両替が可能です。
ディナールの下に、ミリームという単位もあります。

【両替】

日本国内での両替はできませんので、現地に到着してからチュニス空港、銀行、4つ星以上のホテルで両替しましょう。
またチュニジアン・ディナールの国外持ち出しは禁止されているため、出国時には再両替が必須です。その際に両替時のレシートが必要になるため、無くさず取っておきましょう。

【チップ】

チップの相場は、ポーターには0.5ディナール(=500ミリーム)〜1ディナール、ルームサービスやベッドメイキングには1ディナール、レストランでは請求額の10%です。
サービスに不満があった場合は渡さなくても問題ありません。

【税金】

付加価値税12%というものがありますが、料金の中に含まれていることが多いです。

【パスポート】

3ヶ月+滞在日数以上の残存有効期間が必要

【査証(ビザ)】

3ヶ月以内の滞在はビザ不要。予防注射も必要ありません。

【気候と服装】

7y000077
©Tunisia Tourism Office

チュニジアの気候は、地中海に囲まれた沿岸部、内陸部、そして砂漠地帯でそれぞれ違います。

■地中海沿岸北部
最も暑い7〜8月の夏は、最高気温が40℃を超えることもありますが、湿度が低いため比較的過ごし易いです。最も寒い冬の12〜2月でも、平均気温は12℃前後と、年間を通して温暖です。ただ夏でも夜は冷え込むことがありますので、羽織れる上着はあったほうが良いでしょう。
ベストシーズンは日本の春と秋にあたる3〜5月、10〜11月です。

■内陸部、南部砂漠地帯
サハラ砂漠が広がる南部の砂漠地帯や内陸部はほとんど雨が降らず、夏は最高気温が50℃を超えることもあります。日中の日差しの強さは夏も冬も大きく変わりませんが、朝晩は冷え込み、特に冬の夜は最低気温が氷点下に達することもありますので防寒具は必須です。
また、砂漠地帯では布で顔と頭を覆った現地の人をよく見かけますが、布は呼吸した時の空気の湿気を保ち、乾燥による呼吸器官のトラブルを予防する働きがあります。
南部では町の商店で売っていますので現地調達もできます。

【時差】

-8時間

【チュニジアへの行き方】

日本からの直行便はありませんので、乗り継ぎが必要です。
ヨーロッパ経由であればパリ、ロンドン、フランクフルトなど、中東経由であればドバイ、ドーハ経由など、選択肢は多くあります。

【電圧とプラグ】

電圧は115Vまたは220V、50Hz。プラグはCタイプ
日本の電化製品を使う際は、変圧器とプラグが必要です。

【水】

生水は避け、ミネラルウォーターを飲むようにしましょう。

【日本でチュニジアを感じよう!ツーリズムEXPOジャパン2016】

7y000142
©Tunisia Tourism Office

毎年、東京ビッグサイトで年に1度開催されるツーリズムEXPOジャパン。
世界最大級の旅の祭典であるこのイベントに、チュニジアも出展します!

「歴史への扉」というテーマで、日本にいながらチュニジアの悠久の旅を体験できるブースが用意される予定です。
これ以外にも、ステージではチュニジアの伝統音楽のコンサートも行われるので、チュニジアを身近に感じるチャンスです!
ピックアップ記事を読んだあとは、さらにチュニジアのことを知りたくなっていること間違い無し!まずは国内で、チュニジアの魅力を感じる旅へ出かけましょう。

ツーリズムEXPOジャパン
開催日:2016年9月24日(土)・25日(日)
場所:東京ビッグサイト ブースNO:L-001
URL:http://www.t-expo.jp

チュニジアの理解、少しは深めていただけたでしょうか?
次のトピックからはチュニジア観光の魅力をたっぷりご紹介します!
  • facebook
  • twitter