海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

世界のあらゆる国やエリアの魅力を詳しく紹介!キクミルのPICK UP!

HOME>ピックアップ

伝統×モダンなオーストリア 旅の基本情報

  • 2016/07/25
  • facebook
  • twitter
thumb_preview_a7aeba97-4bb4-4549-b07a-7a2f9e26a30d©Austrian National Tourist Office / Grossauer
歴史上数々の有名な音楽家や芸術家を生み、音楽を中心とした文化大国と知られるオーストリア共和国。小さな国土面積ながら、中世の時代にはヨーロッパの大国の1つとして名を馳せた、歴史ある国でもあります。 そんな伝統と歴史あふれたオーストリアは、歴史や音楽好きな方、シニアの方には既に人気の国ですが、個人旅行で1人旅、女子旅、母娘旅などにも今おすすめなんです! 今回はオーストリアのイメージが変わる?!モダンで新しい魅力をご紹介していきます。 その前に、まずはオーストリアという国の基本情報をチェックしましょう。

【国名】

オーストリア共和国
ラテン語で「東方の国」という意味で、ローマ帝国が繁栄していた時代には東方の要塞の役割を担っていました。
9つの州から構成される連邦国家。

【国旗】

赤・白・赤の3色が使われた旗。
正式なものは中央に鷲が入っていますが、
一般的には鷲が抜かれたものが使われています。

国旗の由来は、第3回十字軍遠征でレオポルド5世がイスラム教徒と戦い、
敵の返り血で白の軍曹がベルト以外赤くなった・・という故事から来ています。

【人口】

約854万人(外務省発表データ/ 2016年7月現在)

【地理】

東はスロバキア、ハンガリー、西はリヒテンシュタイン、スイス、
北はドイツ、チェコ、南ニアに囲まれている、ヨーロッパ中央部にある内陸国です。

【面積】

約8.4万k㎡(外務省発表データ/ 2016年7月現在)
北海道とほぼ同じ大きさです。

【首都】

ウィーン(人口約178万人/ 外務省発表データ)

【公用語】

ドイツ語

【通貨】

ユーロ€

【GDP】

3,289億ユーロ(EU統計局2014年)

【時差】

日本との時差はマイナス8時間。サマータイム中は7時間になります。

【気候】

湿度の低い大陸性気候で、山岳地帯が多い為夏は涼しく冬は厳寒。
夏は30度を超える日もありますが、湿気が少ないので過ごしやすいです。
(日本の北海道に似ています。)

【モーツァルトだけではない!オーストリアのクールな有名人】

オーストリア出身の有名人といえば、まず名前が挙がるのが、偉大な音楽家「モーツァルト」。35歳という若さでこの世を去った彼ですが、数多くの名曲を遺し、今なおクラシック音楽ファンはウィーンやザルツブルクで、彼の足跡を辿るほどです。

そのほかにも音楽家ヨーゼフ・ハイドン、フランツ・シューベルト、ワルツ王のヨハン・シュトラウスなど、一度は名前を聞いたことがあるであろう偉人をオーストリアは多く輩出しています。
では現代のオーストリア出身有名人といえば、皆さん誰が思い浮かぶでしょうか?オーストリアが誇る2人の有名人をご紹介します。

■俳優 アーノルド・シュワルツェネッガー
Schwarzenegger und Christian Baha
© Arnie´s life GmbH

言わずと知れた、ハリウッドのアクション大スターであり、元カリフォルニア州知事。
オーストリア出身ということを知らなかったかたも多いのではないでしょうか?

生まれはオーストリアで国籍もオーストリアですが、現在はアメリカに移り住みアメリカ国籍も同時に取得しています。
いつかモーツァルトのように、オーストリアの偉人として紹介される日がくるかもしれませんね。

■歌手 Conchita Wurst /コンチータ・ヴルスト
20160413_ConchitaLIVE_J.Madzigon-7251
©Jana Madzigon

名前を聞いたことすらない方も多いと思いますが、まずはそのビジュアルを強く印象付けられるかと思います!
コンチータ・ヴルストさんは「ヒゲの歌姫」と呼ばれており、その見た目のインパクトだけではなく、実力ある歌声が大人気の歌手です。

ヨーロッパ各国の代表が1名ずつ生放送で歌声を披露する、毎年開催される音楽コンテスト「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」では、2014年に見事オーストリア代表として40年ぶりに優勝し、一躍有名となりました。

Conchita_1534_Credit_Markus_Morianz
©Jana Madzigon

コンチータさんはその見た目で批判されることもしばしばですが、
彼女は「なにが正しくてなにが間違っているのかは自分が決めること。このヒゲは自分らしさの象徴なの。」と語っており、ヒゲは彼女という人物を表す大切な一部としています。
来日し、日本のテレビ番組に出演したこともある彼女ですが、
合間には渋谷区役所に立ち寄り、同性パートナーシップ法を認めた区に感謝の気持ちを伝えたとのことです。

彼女がウィーンを紹介する動画が、日本語字幕付きで配信されていますので、
ぜひ歌っているコンチータさんと合わせてチェックしてみてくださいね。

  • facebook
  • twitter