海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

世界のあらゆる国やエリアの魅力を詳しく紹介!キクミルのPICK UP!

HOME>ピックアップ

台湾一の食の宝庫!グルメな旅を”台南”で

  • 2016/07/04
  • facebook
  • twitter
グルメな台南 トップ本記事 画像提供:台湾観光局/台湾観光協会
台湾で最も古い歴史を持ち、市街地には数多くの文化財や史跡が昔と同じ姿のまま人々の暮らしの中に佇んでいる、「台湾の京都」とも称される「台南市」。
そんな古都・台南が今、台湾料理の故郷として、改めて世界から注目を集めていることをご存知ですか?


台南ってどんなとこ?

台湾西南部に位置する台南は、台湾第四の都市として知られ、四季を通じて暖かく、台湾で最も多くの文化的遺産を有していることから、歴史の趣が残る観光名所があちこちに点在する市街地。

台北から台湾高速鉄道(新幹線)を使い約2時間半、南部の高雄から台湾鉄道で約1時間程度で行くことができるという交通アクセスの良さも手伝って、現地の人々も数多く訪れています。

tainan

台南を代表する歴史的建造物が、こちらの「赤崁楼(せきかんろう)」という名の旧跡。

台湾がオランダに占領されていた1652年、オランダ人の手によって建てられたこの城は、その後の中国、日本統治時代という政権の変遷の中で何度か修復を施されはしましたが、当時と変わらぬ姿で人々を圧倒している、一級古跡です。

台南にはこのような歴史と風情を持ち合わせた建造物や、200年以上の家屋が今も残る「神農街(しんのうろうがい) 」など、異国でありながら、なんだか懐かしい気持ちを体験できる、情緒溢れるスポットが魅力的です。

台南神農街

台湾のグルメは台南から始まった

皆さんは「小吃(シャオチー)」という言葉をご存知ですか?

中国や台湾に訪れたことがある人なら、聞いたことがある言葉かも知れませんね。
この「小吃」とは、店や屋台で気軽に食べる台湾の一品料理(軽食)のこと。
麺類から炒飯、包子のような点心などなど、その種類は数え切れないほど。

実はその多くの「小吃」の発祥は、台南であるといわれるものばかりなんです!

そんなグルメな街台南は、ミシュランガイド台湾において、台湾にある都市の中で最も多く星ランクを獲得しており、歴史的な建造物と同様に美味しい屋台やお店が軒を連ね、絶好の食べ歩きスポットとして台湾一の人気を誇っているんです。

台南を食べ尽くそう!

台南のグルメを堪能し尽くすには、時間がいくらあっても足りません。
しかし、ひとつでも多く味わうため、とにかく食べ歩きをしていきましょう。

台南の屋台やお店は朝から夜まで営業している所ももちろんありますが、
午前中だけの営業や、日中のみしか営業していないお店もあるので、
事前に調べて、計画的にお店巡りをすることをオススメします。

朝食は新鮮な牛肉スープを

台南は早朝から美味しいグルメを堪能できるお店が多いのもポイント。
人気なお店は朝の7時には閉店してしまうほど!

そんな台南の食べ歩き、まずは「牛肉湯」でスタートしてみましょう。

牛肉麺

「朝から牛肉はちょっと・・・」と思う方もいるかも知れませんが、
この「牛肉湯」は台南の代表的な料理で、朝絞めた新鮮な牛肉をさっと湯がいたシンプルな味付けのスープ。たっぷりの生姜にあっさりした味のスープが朝から元気をつけてくれる台南のソウルフードです。

夜もこの「牛肉湯」を出しているお店もありますが、
やはり牛肉が新鮮な朝の時間帯に食べたほうが美味しく味わえます。

お昼に最適!エビご飯

観光巡りをしてそろそろお腹が空いてきたら、
お昼は「蝦仁飯(シャーレンファン)」がオススメ!

蝦仁飯
出典:https://www.instagram.com/zz_1311/

「蝦仁飯(シャーレンファン)」とは、簡単にいえば「エビご飯」。
新鮮なエビを茹で、醤油やネギといっしょに炒めたものを、出汁のきいたご飯の上に乗せて食べる料理です。
手軽に食べることができる一品として、このエビご飯を出しているお店はピークタイムはどこも混雑しています。
旨味たっぷりのご飯なので、合わせて海藻のスープなど頼むとバランスが取れてもっと美味しくいただけますよ!

おやつはマンゴーたっぷり!

そろそろ甘味も欲しくなる時間、台南に来たなら「マンゴーかき氷」を食べずにはいられません。

台南には、マンゴーの産地として有名な「玉井」という場所があり、6月下旬から夏のシーズン中は台南の至るところで手軽に本家本元のマンゴーを食べることができます。

tainan2

専門店もたくさんあり、味付けはお店によって様々。
ミルクをかけたり、特製のシロップを使ったり、どこのかき氷を食べるか本当に迷ってしまいますが、お気に入りのマンゴーかき氷店を見つけ出すのも台南の楽しみ方のひとつです。

ボリュームたっぷり!台南のチマキ

夜になると名物の夜市(ナイトマーケット)も営業がはじまり、まだまだ食べるべき「小吃」をたくさん見つけることでしょう。

台南市では毎週の曜日によって市内の異なるエリアで各種夜市(ナイトマーケット)が開かれており、さまざまな料理を少しずつつまみながら食べ歩いたり、ユニークな発見を楽しめるショッピング、アナログな露天ゲームに参加して楽しむなど、日本の祭りの縁日のような雰囲気で連日開かれ、深夜まで大勢の人々で賑わっています。

そんな中でも夜ご飯としてボリュームのあるものを食べたい!という方には、
チマキがオススメです。新鮮な魚介類が豊富に獲れる台南において、海鮮を使った料理はとにかく幅広く、そんな新鮮な貝柱や牡蠣などをたっぷり入れたチマキは、是非食べて欲しい一品。

ちまき

もちろん海鮮だけでなくお肉を包み込んだチマキなど、お店によって具材は様々なので、中身を吟味して注文しましょう。

別腹デザートは「豆花」で

お腹も膨らんできて、次に欲しくなるのはデザートですよね。
一日食べ続けてきたので、優しい口当たりのデザートが特に食べたくなります。

そんなときは台湾のソウルデザートといっても過言ではない
「豆花(トウファ)」がピッタリ!

古早味豆花 (1)m

豆花とは、豆腐に似たような食感の豆乳プリンに、タピオカや小豆、フルーツなどをトッピングして食べるスイーツ。
日本でも専門店がオープンしたり、すでに食べたことがある人もいるかも知れませんね。
台南にはそんな豆花の有名店がいくつもあり、現地の人もわざわざ台南まで美味しい豆花を求めて旅行に来るほど。

砂糖を使用しておらず、味付けはほんのり甘いシロップのみというヘルシーさが特に女性から人気を集めている理由です。
これならお腹いっぱいでもぺろっと食べれちゃうはず!

〆が欲しくなったら迷わず「担仔麺」

台南にはおしゃれなバーや気軽に入れるローカルな居酒屋が軒を連ねており、特に海安路沿いは週末多くの人で溢れかえり賑わいを見せています。

いっしょにお酒を飲んで楽しい時間を過ごしたあと、
ついつい〆が食べたくなりますよね。

そんなときは迷わず「担仔麺(ターアーミー)」を頼みましょう。

担仔麺

担仔麺は「小吃」の中で最も知られている麺料理。
海鮮で出汁をとったスープに、ストレートの中細麺を入れ、そぼろ肉やエビなどを乗せたものが一般的で、量もお茶碗くらいの大きさがほとんどなので、たくさん食べた一日の〆としては申し分ない料理なんです。

屋台で食べるのもいいですが、台南にはこの担仔麺の有名店がいくつかあるので、台南に滞在している間に是非ベスト担仔麺を見つけ出してください!

いかがでしたか?

見てもよし、食べてもよし。
ひとつの街で旅行の醍醐味をすべて叶えてくれる夢のような場所、
それが台南なのです。

  • facebook
  • twitter