海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

世界のあらゆる国やエリアの魅力を詳しく紹介!キクミルのPICK UP!

HOME>ピックアップ

有名なパンプローナの牛追い祭りで熱い1日を!

  • 2016/05/30
  • facebook
  • twitter
unspecified-5©スペイン政府観光局
情熱的な国民性のスペイン人が、最も熱くなるお祭りの一つ!と言っても過言ではないのが、サン・フェルミン祭です。
サン・フェルミン祭は、通称「牛追い祭り」とも呼ばれており、誰もが一度はその様子をテレビで見たことがあるのではないでしょうか?
世界的にも有名なスペイン3大祭りの1つ、サン・フェルミン祭をご紹介します!

サン・フェルミン祭とは

スペイン北東部に位置する、ナバーラ州の州都パンプローナ400年以上続くお祭りで、サン・フェルミンというのはパンプローナの守護聖人「サン・フェルミン」のことを指します。7月7日はこのサン・フェルミンの日であり、この日を皮切りに、8日間お祭りが続き、期間中人口18万人の街に、なんと250万人が集まり、街全体がお祭り騒ぎ!

お祭りのユニフォームのように、地元民や観光客を含めたほとんどの人が着ているのが、上下白い衣装に赤いスカーフを巻くスタイル。これは白と赤の服がこの地方の正装であり、そして赤いスカーフは斬首されたサン・フェルミンの受難を思うために巻くそうです。

san
出典:https://www.instagram.com/p/ox1PZDrk7H/?tagged=sanfermin

スカーフはパンプローナの街中でも買えるので、
お祭りに参加するならぜひこのスタイルで楽しみましょう!

お祭りを世界に知らしめたヘミングウェイ

サン・フェルミン祭が世界的に有名になったのは、
アメリカの文豪ヘミングウェイがきっかけです。

1923年に初めてこの祭りを訪れた彼は、その熱狂的な雰囲気に圧倒され虜となり、その3年後の1926年にこの祭りをテーマにした「日はまた昇る」という小説を発表しました。彼の作品の中でも最高傑作となったこの本を読み、世界中から多くの人が祭りを訪れるようになったのです。

パンプローナには現在でも、ヘミングウェイが好んで足を運んだカフェやバーが賑わいを見せています。

バル・チョコ (BAR TXOKO) 住所:Plaza del Castillo, 20
TEL: +34.948.226.092

san2
出典:http://pamplona-iruna.salir.com/cafe_bar_txoko
ホテル・ラ・ペルラ (HOTEL LA PERLA) 住所:Plaza del Castillo, 1 31001
TEL: +34.948.227.706


san3
出典:http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/europe/spain/8635234/Pamplona-and-Hemingway.html
カフェ・イルーニャ (CAFÉ/IRUÑA) 住所:Plaza del Castillo, 44
TEL: +34.948.211.566

san4
出典:http://baresautenticos.com/2014/07/28/cafe-iruna-bilbao/

祭りを訪れる前に是非「日はまた昇る」を読み、
ヘミングウェイゆかりの地に想いを馳せてみてはいかがでしょうか?

毎日イベントがもりだくさん

7月7日から14日まで、8日間にわたり開催されるサン・フェルミン祭、開会式は前日の7月6日に行われるということもあり、お祭りの盛り上がりは6日のお昼から始まります

7月6日正午に鳴らされた鐘とともにロケット花火が打ち上がり、
祭りの開会が宣言されてからは、音楽隊のパレードや民族舞踏会が街中で盛大に繰り広げられます。夜が深まったころには豪華な打ち上げ花火も上げられ、まさに前夜祭といった盛り上がり。
翌7日〜最終日14日まで、こういった音楽やパレード、踊りなど様々な催しものが連日行われ、期間中毎日イベントを楽しめます。

いよいよ始まる「牛追い」

unspecified-6
©スペイン政府観光局

そして祭りのメインイベントの「牛追い」
期間中毎日行われるこの催しを目当てに、世界中から観光客が集まります。
「ENCIERRO(エンシエロ)」と呼ばれるこの牛追いについて、
まずは基本情報をご紹介しましょう!

公式ソングもあります!

牛追いのルートは全長848.6m。このルートを牛全頭が走り終えるのにかかる時間は、
平均わずか3分55秒ですので、あっという間に駆け抜けていきます。

最も時間を費やしたエンシエロは1959年7月11日に記録した30分で、
群れから外れた牛を犬が檻まで追い込むのに時間がかかったそう。

また、エンシエロが始まる直前には参加者全員で歌を歌います
これはスタート地点にあるサント・ドミンゴ坂にあるサン・フェルミン像に祈りを捧げる歌で、午前7:55、57、59のスタート直前に3回歌われます。よく祭りの期間中にも歌われるので、覚えて一緒に歌えば更に気分が盛り上がるはず!
(ローマ字読みでほぼOKです)

歌詞:A San Fermín pedimos, por ser nuestro patrón,
nos guíe en el encierro, dándonos su bendición

そして午前8:00ちょうどに、ロケット花火が打ちあげられ、
この瞬間、囲い場から猛牛たちが一斉に放たれます!

1発目のロケット花火はスタートの合図、ほどなく2発目に上げられる花火は、
すべての牛が囲い場を出たことを知らせます。

unspecified-3
©スペイン政府観光局

最終的にゴール地の闘牛場にすべての牛が追い込まれると3発目の花火が打ちあげられ、4発目の花火で牛追いの終了を告げます。

ここまではものの5分ほどで終わってしまいますが、それでもメインイベントだけあって、祭りが最高潮に盛り上がるときです。
このあとは、闘牛場に入ってきた牛たちと参加者との素人闘牛が始まるので、闘牛場に席を取っていれば、引き続き楽しめますよ

牛追いのあとも祭りは続きます!

牛追いが終わったあともお祭り騒ぎは続きます。

街中には屋台がたくさん出ていて、食事はもちろんのこと、ワインやお酒を浴びるように飲んでいる人もたくさん!スペインならではの料理やワインを、お祭りムードで楽しみましょう。
夜にかけてもイベントは続き、街はまだまだ盛り上がりを見せていきます。

18:30からは、牛追いで闘牛場に追い込まれた牛と、人気闘牛士の対決が行われます。マントを持って猛牛をひらりとかわす、プロの闘牛士の技は必見です。

23:00には花火大会が行われ、豪華な花火が夜空を彩ります。
24:00以降はベルベーナという夜祭りがあり、街は眠らず、夜通し遊んで、また翌朝牛追いへ・・というのが祭り1日の楽しみ方となっています。

この流れが7月7日〜14日まで毎日続くのです。
1日中ずっとお祭り気分を楽しめることもサン・フェルミン祭の魅力ですね!

牛追い(エンシエロ)を見学する穴場とは?

さて、いざエンシエロを見学する際は、どこで見れば良いのでしょうか?
ルート上の側道にはたくさんの人が溢れるので、
人気の見学場所や何時からスタンバイすれば良いかなど、
ここでいくつかご紹介します!

①フェンスから立ち見する場合

エンシエロがスタートするのは午前8時ですが、夜通し遊びつくした人たちがそのまま見学するため、6時半以降はすでに人で埋まってしまいます。5時半〜6時頃までには場所を確保しておくことをおすすめします。

1番人気の見学場所はスタートからすぐのサント・ドミンゴ坂周辺(280m)で、目の前にフェンスがないため見やすく、走る人たちが歌を歌ったり、牛も元気があるので最も勢い良く走り抜けていくポイントです。

このほかにも市庁舎広場、メルカデレス通り、エスタフェタ通りから闘牛場まで、というポイントも人気があります。場所の予約はできませんので、とにかく早めに行って、場所を確保しましょう。
その際の注意ポイントは、2重になっているフェンスの2列目が見学者用なので、間違って記者や関係者用の1列目に行かないようにすることです。

②ルート沿いの建物のバルコニーから見る

有料ではありますが、最も牛追いを良くみられる場所は、ルート沿いの建物のバルコニーです。

パンプローナ観光案内所ではバルコニーを提供している業者や個人アパートの連絡先リストを提供しているので、折角なので絶好の場所で見たい!という方は、ぜひ観光案内所に問い合わせをしてみてください。

場所にもよりますが、アパートによっては朝食サービスがついているところもあり、50〜130ユーロほどで利用することができます。

パンプローナ観光案内所 
住所:Avda. Roncesvalles, 4 TEL:+34-848-42-04-20

③闘牛場で見る

ゴール地である闘牛場では、入場チケットを購入すれば座ってみることができます。
スタートしてからゴールするまでの様子がTV中継されるので、
途中経過はモニターで見て、最後ゴールするところは自分の目で見ることが可能です。
ゴール後はそのまま参加者による素人闘牛が始まるので、
牛追いが終わったあとも引き続き楽しめますよ。

④テレビやインターネットで見る

パンプローナには行けないけど、スペイン国内にはいるという方、
またはどうしても街中には行けないという方は、
毎朝テレビ(TVE)で生中継されるので、お家で快適に牛追いを楽しめます。

牛追いに参加するならここをチェック!

最後に「ぜひ牛追いに参加してみたい!」という勇気がある方へ、
アドバイスや注意事項をご紹介します。

事前の知識や準備が必要なイベントですので、
参加する前にしっかりとチェックしてください。

参加するための条件は?

unspecified-4
©スペイン政府観光局

牛追いに参加するのに、特に事前の申し込みや費用などは必要ありません。
ただ最低限の参加条件として、以下の項目をクリアできている事が必要です

・18才以上であること
・走りやすい服装と運動靴を身につけていること
(服装は上下白い服、赤いスカーフを巻くことが望ましい)
・走る前日は飲酒をせず、十分な睡眠をとっておくこと
またこのほか、市が定めている禁止事項を守ることも大切です。
(立入禁止区域に入らない、不要なものを持って走るなど)

以上のことが守れる方は、朝7時〜7時半メルカド広場(Plaza de Mercado)と市庁舎広場(Plaza de Ayuntamiento)に設けられた参加者ゲートから、牛追い道に入場しましょう。(7時半以降はゲートがクローズするので注意!)

そして牛追いがスタートしてからは、
緊張感をもって最後まで参加することが最も大切です。
牛の前を走ることが勇敢なことだとされていますが、
決して無理をせず、真剣に参加しましょう。

スペインを代表するサン・フェルミン祭、
一度は行ってみたい気持ちになったのではないでしょうか?

世界的に有名なお祭りですので、行くかたは早めにホテルの予約を取るようにしてください。パンプローナ市内のホテルは特に予約が難しいので、近隣のプエンテ・ラ・レイナ/ Puente la Reina(バスで約40分)、ログローニョ / Logroño(特急バスで約60分)なども含めて探すこともおすすめします。

夏の始まりは、パンプローナで暑く盛り上がりましょう!

  • facebook
  • twitter