海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

世界のあらゆる国やエリアの魅力を詳しく紹介!キクミルのPICK UP!

HOME>ピックアップ

成澤吉浩シェフ、MFMに日本代表として参加!

  • 2016/02/22
  • facebook
  • twitter
narisama出典:フィリピン政府観光省
食通の方で成澤シェフの名前を知らない人はいない程世界的に有名なシェフが、
今回フィリピンで開催されるMadrid Fusion Manilaに
初めて日本人代表として参加します。

今回どんなテーマで世界に驚きと感動を与えてくれるのか楽しみです!

アジアベストレストラン50で第2位!成澤吉浩シェフとは

東京・南青山にあるレストラン「NARISAWA」のオーナーシェフ。

1964年4月生まれ、愛知県出身。
19歳で渡欧し、8年間フランス、イタリア、スイスの著名シェフのもとで修行を積む。
(ポール・ボキューズ、ジラルデ、ロブションなど)
1995年に帰国、神奈川県小田原市にフランス料理店「ラ・ナプール」を開店。
2003年に南青山に移転。店名を「レ・クレアシヨン・ド・ナリサワ」に改名。
2011年に店名を「NARISAWA」に改める。

表彰歴は数えられないほどですが、
2009年に「世界のベストレストラン50」に初のランクイン入りし、
その後も5年連続でランクインしています。
2015年には8位に選ばれ、日本のレストランとして初のトップ10入りを果たしました

2013年から「QUEST for Japanese Food Culture」というシンポジウムを開催。
「食」を生み出す環境について日々研究を行う活動を行っています。

世界が認めたスープ

③成澤シェフ2
出典:https://www.facebook.com/NARISAWA-270662346367108/photos_stream

成澤シェフに大きな注目が集まったのは、2001年に誕生した「土のスープ」です。
「土のスープ」は土がついたままの自然のごぼうのみで作られたシンプルなスープで、
成澤シェフが野菜農家を訪れた際に土だけの畑を見て、
この土は人体に無害であり、口に入れても大丈夫なものという発想から、
このスープは生まれました。

参加への期待値

成澤シェフの代表的な料理の「土のスープ」、「水のサラダ」にあるように、
「サステナビリティーとガストロノミーの融合」をテーマに世界でいち早く、
自然保護に関わる料理を発表しています。

「消費者に自然の力を吸収してほしい、
物質ではなく生命を頂いているのだということを忘れぬように」

というのが成澤シェフの料理スタイルです。

今回のMadrid Fusion Manila 2016で、成澤シェフが新たに日本の伝統的な食文化と、
環境の豊かさを表現した料理やお話が聞けるのが楽しみでなりません!

③成澤シェフ3
出典:https://www.instagram.com/explore/tags/madridfusionmanila2016/

  • facebook
  • twitter