海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

留学生・佐々木真奈美が贈る!アメリカのリアル現地ガイドブック

HOME>アメリカ留学中の佐々木真奈美が教える日本では経験できない海外情報

【第24回】ロケット打ち上げの瞬間を目撃せよ!

  • 2017/02/24
  • facebook
  • twitter
001
アメリカのフロリダにあり、オーランド国際空港から車で45分ほどの所に位置するケネディ宇宙センター。1969年に人類初の月面着陸を成し遂げたアポロ11号や、1981年には初のスペースシャトルも打ち上げられた場所です。
有人のスペースシャトル打ち上げは現在行われていないのですが、今も無人ロケットの打ち上げは続けられていて月に1回程度。そのため旅行日程とロケット打ち上げ日が重なれば、発射される瞬間を見学することができちゃうかもしれないのです。

なんと今回は、そんな貴重なロケット打ち上げの日にケネディ宇宙センターを訪れることができたので詳しくお伝えします!

フロリダ観光のマストスポット!

002

フロリダに遊びに来たら、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートやユニバーサル・オーランド・リゾートと並んで必ず訪れておきたい場所の一つがケネディ宇宙センター。

見所は、本物のスペースシャトル・アトランティスが展示されている施設と、アポロが見られるバスツアー。1日中いられるくらい中身が充実しているケネディ宇宙センターですが、もしロケットの打ち上げ日と重なったなら、もちろん見なくては損です!

旅行に行く日に無人ロケットが打ち上げられるかどうかは、英語表記ではありますがケネディ宇宙センターの公式ホームページを見ればすぐに分かります。
何時に打ち上げ予定なのか、このロケットが私たちの生活の何に役立つのか、そんな情報も盛り込まれていますので、ケネディ宇宙センターに遊びに行くことが決まったなら、まずチェックしてみてくださいね。

ちなみに、ロケットの打ち上げ日でも入場料金は通常と変わりません。

見所満載!打ち上げに合わせたスケジュールを

私が見学する予定のロケットは、インターネット接続をより速くするためのサテライトを宇宙へ飛ばすために打ち上げられるのだそうで、発射予定時刻は1時27分と書かれていました。
もちろん発射予定時刻に合わせて予定を組むことがおすすめです。まるで自分がスペースシャトルに乗って宇宙に飛び立ったかのような錯覚を味わえる3D映画も是非見てほしいのですが、上映時間がおよそ40分と長めなのでお気をつけを。

003

私は、発射予定時刻まで、昼食を取りつつ本物のアトランティスが展示されている施設をじっくり見学することにしました。
他にも、宇宙飛行士になったつもりで発射時の重力を感じられるアトラクションや、スペースシャトルの内部を再現した展示など見所が盛り沢山でした。

どこで打ち上げの瞬間が見られるの?

ロケットはもちろん空高く上がっていきますので、実はわざわざケネディ宇宙センターに行かなくても見ることはできます。ただ、ケネディ宇宙センターの職員の皆さんや、打ち上げを応援する皆さんと一緒にロケット発射を見られたことは本当に素晴らしい思い出でした。

ちなみにロケットの打ち上げ予定日にケネディ宇宙センターへ行くと、ビューポイントの案内看板があちこちで見受けられます。どこから見るのが良いのか悩ましいところですが、ビューポイントには写真のようにひな壇と、カウンドダウンのための時計も用意されているので、非常にオススメですよ。

004

発射予定時刻の30分前にビューポイントに到着すると、ひな壇の席はほぼ満席状態。フロリダの日差しは冬でも眩しく、サングラスや日焼け対策をお忘れなく。

打ち上げを待っている間は、ケネディ宇宙センターの職員の方が今回打ち上げられる予定のロケットの解説や、発射までの準備状況を実況してくれます。まるでちょっとしたライブ会場のようです。

見られるかどうかは運次第!?

ロケットを正確に打ち上げるためには、気象条件など様々なことをクリアしなくてはならないそうです。今回も、事前にトラブルがあったりして何度も発射予定時刻が変更され…。予定時刻を大幅に過ぎ、とうとう「3時までに打ち上げられなかった場合は、翌日に変更されます」とのアナウンスまで…。
しかしこれは決して珍しいことではないようで、時間の変更や日にちの変更が起きる可能性は十分にあることを念頭に入れておきましょう。

そして、皆がロケットの打ち上げを願う中、ようやく「発射時刻が決まりました!」とのアナウンスが入るとビューポイントで見学していた人たちは大盛り上がり!
設置された時計に合わせて皆大声でカウントダウン!カウントが0になり、その後打ち上がったロケットは、決して”ど迫力”とは言えませんでしたが、ゴゴゴゴという音を響かせ、オレンジの炎と煙を出しながら空高く飛んでいきました。

005

「今肉眼で見ているあのロケットが宇宙まで飛んで行くのか」と思うと感慨深く、改めて宇宙のロマンを感じた本当に貴重な経験でした。みなさんも、ケネディ宇宙センターで、是非宇宙を身近に感じてみてくださいね!
  • facebook
  • twitter

おすすめ!