海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

留学生・佐々木真奈美が贈る!アメリカのリアル現地ガイドブック

HOME>アメリカ留学中の佐々木真奈美が教える日本では経験できない海外情報

【第19回】メキシコのベネチア!?世界遺産のソチミルコへ行ってみた!

  • 2017/01/20
  • facebook
  • twitter
001
アメリカに来たなら、その隣国にも出かけてみたいとメキシコにやってきました。
今回の旅で私が特に楽しみにしていたのが、メキシコ人の友達がオススメしていた、首都メキシコシティにある「ソチミルコ」。「メキシコシティ歴史地区とソチミルコ」として世界遺産に選ばれているのですが、某有名旅行ガイドブックを見ると、同じくメキシコシティにある世界遺産のピラミッド「テオティワカン」と比べると扱いはかなり小さめ…。でもメキシコの友人が勧めていた通り、日本には無い独特の文化と美しい景色を楽しめる素晴らしい場所だったので今回ご紹介します!!

では、ソチミルコとは?

ソチミルコとはメキシコシティ郊外にあり、運河が広がっている街です。そのソチミルコの運河群にはアステカ時代に作られた多くの“チナンパ”と呼ばれる小島のような“浮き畑”が現在も残っているのです。そこで遊覧船に乗って運河を観光するのが旅の醍醐味。
旅の楽しみ方は後半に詳しく書きます!

ちょっと難しいソチミルコの行き方

メキシコのメトロ2号線で終点タスケーニャ(Tasqueña)へ向かい、そこから電車で終点のソチミルコまで。
さらに遊覧船の乗り場はいくつかあるそうで、ソチミルコ駅に到着した後も何らかの手段で乗り場まで行かなくてはならないのです。
メキシコシティの中心部からは2時間以上はかかると思っていてください。

他にも見所が多いメキシコシティにおいて、ソチミルコへ行こうとすると半日はかかってしまうのが、旅行者を遠ざける理由の一つかもしれません。
ちなみにメキシコシティのメトロはチケットカウンターで5メキシコペソ(30円くらいです)を払いチケットを買い、それを改札に通せば出口を出るまではどこまでも同じ料金で非常にお得ですし、1時間に何本も走っているので快適でした。

ただソチミルコに行くにあたって、私はメトロのタスケーニャ駅を降りた後に乗り換えるべき予定だった電車への接続が悪く、時間を大幅にロスしてしまうことが分かったのです。

そこで利用したのが「Uber(ウーバー)」。一般の人が自分の空き時間と自家用車を利用しタクシーのようにお客さんを乗せて目的地まで運んでくれるサービスで、料金も事前にアプリを見れば分かりますし、目的地もアプリ上で設定できるので、メキシコの公用語であるスペイン語を話せなくても安心でした。これはアメリカで始まったものですが、メキシコでも最近「Uber」が導入されたということで利用してみると非常に便利でした。
タスケーニャ駅には日中「Uber」のドライバーがたくさん待機されていたのでオススメですよ!

嘘の値段を請求する業者には気をつけて‼

私はEmbarcadero nuevo nativitas(エンバルカデロ・ヌエボ・ナティビータス)という乗り場を利用。入口を抜けると、早速業者の方々が勧誘にと近づいてきます。
ここの乗り場は、”1艘あたり1時間350メキシコペソ”と政府の規定料金で決められているはずなのですが、「いや、1人あたり350メキシコペソだ」と言ってくる人がいました。これは嘘‼本当にお気をつけください。チケット売り場などはありませんので、しっかり正規の値段を提示してくれる業者の方と、値段交渉にチャレンジしてみましょう。

いざ遊覧船に乗り込みます!

002

さて船着場でまず目に入ってくるのが、本当に色鮮やかな遊覧船。看板はどれも手作りで、同じものはありません!
運河を進み始めると、船に乗りながらジュースを販売している人に声をかけられます。
その後も、大量のお土産を積んで船の上で販売している船や、なんと船に乗ったまま調理し、メキシコ料理を提供している船を見かけるかと思います。

003

狭い運河で、時にドーンと音をたてながらぶつかり合ってすれ違う遊覧船。そして大音量で音楽を鳴らし船上パーティーを楽しむ地元の人々…。船に乗ってしばらくは驚きの連続でした!

004

さらに進むと、どこからともなく生演奏が聞こえてきます…。
マリアッチと呼ばれる楽団が船に乗っていて、リクエストすれば(1曲100メキシコペソ)お客さんの乗っている船に楽団が移動し、音楽を奏でてくれるのです。賑わう休日などは、遊覧船でピクニックやパーティーを行っている地元の方々の笑い声とともに、 そこら中でメキシコ音楽が流れている、とても愉快な光景と出会えるはずです‼

005

またソチミルコといえば、大量の人形が木に吊るされているちょっと怖い人形島があることでも有名。ただ人形島に行くには長時間遊覧船に乗らなくてはならず、他の観光地も巡りたいと思っている人には向かないかもしれません。
私は最も短い1時間コースを選びましたが、それでも途中で何体もの人形を見つけることができました。

006

往復で合わせて1時間の遊覧船の旅はあっという間!
メキシコのベネチア!?とも言われているソチミルコで、
メキシコ流の遊覧船クルーズを楽しんでみてはいかが?
  • facebook
  • twitter