海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

海外旅行へ行く前に知っておきたい!日本では食べられない海外で話題のグルメ情報

HOME>グルメ

カナダ・モントリオールの人気B級グルメ!

  • 2017/06/09
  • facebook
  • twitter
スクリーンショット 2017-05-16 9.40.38 出典:https://www.instagram.com/p/BUCzNKpFLBK/?tagged=smokemeat
ヨーロッパからの移民が多く、北米のパリと言われているモントリオール。
そんなモントリオールの名物、スモークミートサンドイッチをご存知ですか?
モントリオールを代表するB級グルメとして必ず紹介される一品をご紹介いたします!

老舗スモークミートサンドイッチ店「Schwartz’s」

カナダ1
出典:https://www.instagram.com/p/BUCi-uyDAXf/

スモークミートサンドイッチといえば必ず名前が出るくらい有名なお店が、
老舗「Schwartz’s Deli(シュワッツデリ)」です。

ルーマニアからカナダにユダヤ移民としてやってきたReuben Schwartz’s氏によって1928年に開店し、モントリオールスタイルのスモークミートとしてとても有名なお店です。
お昼や夕飯の時間帯には特に混み合いますので、行列を覚悟していきましょう!

Schwartz’sのスモークミートの作り方

カナダ2
出典:https://www.instagram.com/p/BTMyj4NhlRX/

オープン当初から伝わる秘伝のハーブとスパイスを牛肩バラ肉に揉み込んで、10日間かけてマリネします。そしてしっかり浸かった牛肉をオーブンで焼き、その後燻製します。お肉は毎日お店で燻製しているそうです。

よくコーンビーフやパストラミなどと表現されますが、作り方が少し異なるようです。コーンビーフは塩漬けして茹でたものです(トウモロコシ位の大きさの岩塩が使われていたのが名前の由来になっています)。また、パストラミは塩水に漬けた肉を燻製した後に、粗挽きコショウやスパイスをまぶします。

作り方の違いを頭の片隅に置いて味わってみたら、何か違いがわかるかもしれませんね。

スモークミートは脂身の割合を併せてオーダーできる!

カナダ3
出典:https://www.instagram.com/p/BTsFbYlFLEZ/

お肉はオーダーをしてからカットされライ麦のパンにサンドされています。メニューには載っていませんがお肉の脂身の割合をオーダーすることもできます。

①lean(脂身少なめ・赤身)
②medium(中脂肪)
③medium-fat(中脂肪~脂身多め)
④fatty(脂身多め)

これなら脂身が苦手な人も安心してオーダーできますよね。
ちなみに赤身よりもある程度脂身がある方が人気で、②と③のオーダーが多いそうです。
量が多いですが、ピクルスやコールスローなどのサイドも一緒にオーダーはいかかですか?お肉の量が多いので口直しにもなりますよ。

スモークミートサンドイッチが食べれるお店

カナダ4
出典:https://www.instagram.com/p/BTebYdahiQc/

モントリオールでは、シュワッツデリ以外のお店でもスモークミートが食べられます。
その他3店舗をご紹介しますので、皆さんお気に入りのお店を見つけてみてくださいね!

Reuben’s

《ページ》

  • facebook
  • twitter

おすすめ!