海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

海外旅行へ行く前に知っておきたい!日本では食べられない海外で話題のグルメ情報

HOME>グルメ

フランスの地方伝統グルメ アルザス地方のタルト・フランベ

  • 2017/05/24
  • facebook
  • twitter
スクリーンショット 2017-05-23 18.32.43 出典:https://www.instagram.com/p/BTgdRo7lNhq/?tagged=tarteflambée
世界三大料理の一つして挙げられるフランス料理。2010年にはユネスコの無形文化遺産にも登録され、食文化巡りもフランス旅行の楽しみです。
そこで今回はフランスアルザス地方の伝統料理「タルト・フランベ」をご紹介します。

タルト・フランベって?

fullsizeoutput_416
出典:https://www.instagram.com/p/BTdQYEWDs14/?tagged=tarteflambée

フランス東部に位置し、ドイツと国境を接するアルザス地方。
この地方の代表的な伝統料理の一つとして有名なのが「タルト・フランベ(Tarte Flambée)」です。アルザス風薄焼きピザと形容されることもしばしばあり、アルザス語では「フラムクーヘン(Flammekuchen)」と呼ばれています。

日本でも一般的に広まっているイタリア発のピザは生地が厚く、トッピングもボリュームたっぷりで食べ応えがありますよね。
しかしこのタルト・フランベは生地が非常に薄く、トッピングする食材はチーズ、玉ねぎ、ベーコンなど通常のピザと似ていますが、生地が薄いこともあり大量にトッピングすることはありません。

このようなことから、通常のピザよりもタルト・フランベ1枚のボリュームはあまりないので、1度に何枚も食べることができ、トッピング食材が異なる様々な味を楽しむことができます。

タルト・フランベが食べられるおすすめレストラン

美味しいタルト・フランベを食べることができるおすすめのレストランは、アルザス地方の首都とも言われているストラスブール市内にあります。

「AU BRASSEUR(オ・ブラッスール)」というレストランでは、20種類以上のトッピングが異なるタルト・フランベを提供しています。また通常のタルト・フランベはメイン料理やおつまみとして食べられる塩味の効いたものですが、ここではデザートとしても楽しむことができる甘いタルト・フランベもあります。

fullsizeoutput_417
出典:https://www.instagram.com/p/BOPmTeRgkgx/?taken-at=4879596

通常のタルト・フランベは、チーズ、玉ねぎ、ベーコン、きのこなどがトッピングされているものです。一方デザートとしてのタルト・フランベはチョコレート、アイスクリーム、バナナ、リンゴなどがトッピングされています。
1度に塩味のタルト・フランベと甘いタルト・フランベ2枚を楽しむこともできますし、気分によっては1軒目に他のお店でメイン料理を食べて、2軒目にこのレストランでデザートとしてタルト・フランベを食べに寄っても良いですよね。

またお店の雰囲気はレストランというよりも、日本の居酒屋さんに似たところがあり、旅行初心者の人にも非常に入りやすいお店です。タルト・フランベ1枚あたり5€〜9€ほどなので、気軽に味わうことができる金額です。

もちろん、この「AU BRASSEUR(オ・ブラッスール)」ではタルト・フランベ以外にも、フランスの一般的なレストランで提供されているようなサラダや肉料理などもメニューにあります。他のメニューは6€〜20€ほどで、フランスのレストランの平均的な価格です。

お得なハッピーアワーもあります!

《ページ》

  • facebook
  • twitter