海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

海外旅行へ行く前に知っておきたい!日本では食べられない海外で話題のグルメ情報

HOME>グルメ

香港でアフタヌーンティーをするなら!1881ヘリテージの「Hullett House」

  • 2017/05/16
  • facebook
  • twitter
AT1 出典:https://www.instagram.com/p/BO8t7QZhMJm/?taken-at=214895288
女子の大好物のひとつでもあるアフタヌーンティー。
おしゃべりに紅茶に美味しいケーキに、ゆっくりした午後のひとときは幸せそのもの。
もともと英国領でもあった香港は、アジアの中でも本格的なアフタヌーンティーが楽しめる国として人気です。

そんな香港で今1番話題になっているアフタヌーンティースポットといえば、1881ヘリテージにある「Hullett House(フレットハウス)」。
観光地としても注目したい美しい白亜の建物とあわせてご紹介します。

英国文化が彩る香港でアフタヌーンティーを楽しもう

AT ペニンシュラ
出典:https://www.instagram.com/p/BOT-koaBcYO/?taken-at=229018015

1997年にイギリスから返還されたという歴史を持つ香港。アジアの中でも群を抜いて英国統治時代の文化が今なお色濃く残っています。

日本でも知られているような超名門ホテルが立ち並ぶ九龍の尖沙咀エリアには、素敵なアフタヌーンティーができるラウンジもいっぱい。
英国スタイルの正統さが光るアフタヌーンティーが人気のペニンシュラや、ヴィクトリア・ハーバーを一望できるロケーションが評判のインターコンチネンタル。
どこも気になりますよね。
旅行での滞在だったら、大事な午後のひとときは絶対に失敗したくありません。

九龍話題の新名所「1881ヘリテージ」って?!

ヘリテージ
出典:https://www.instagram.com/p/BKPfDkzBgpC/?taken-at=214895288

賑やかな九龍・尖沙咀エリアのなかで、話題になっている「1881Heritage(ヘリテージ)」を知っていますか?!

その名の通り、1881年に建造されたという建物は、とても美しい白亜の佇まい。
高級ブティックが多い九龍エリアのなかでもひときわ目を引く建物です。

実はこれ、もともとは香港警隊前水警総部だったのだそう。1994年には、香港の建築物文化遺産としても政府に認定されたという大変歴史的にも価値の高い建築物なんです。
ヨーロッパを彷彿とさせる雰囲気、フラっと立ち寄ってみるだけでも心がときめきますよね。

中には高級ブランドのショップや宝飾店などがずらり。観光としてだけでなく、お買い物も楽しめちゃう注目のスポットなのです。

Hullett Houseの美しいテラスでのんびりアフタヌーンティーを満喫しちゃおう

《ページ》

  • facebook
  • twitter