海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

海外旅行へ行く前に知っておきたい!日本では食べられない海外で話題のグルメ情報

HOME>グルメ

ボリビアの定番朝食「サルテーニャ」は必食!

  • 2016/01/27
  • facebook
  • twitter
ボリビアサルテーニャトップ https://www.facebook.com/Salteñas-Diablo-53059866184/?fref=photo
ウユニ塩湖で有名なボリビア。ウユニ塩湖は雨季(11月後半〜3月)にもなると、その広大な塩湖に水が張り、「天空の鏡」と呼ばれる絶景が見られます。
そのウユニ塩湖を目当てにボリビアを訪れる日本人も増えてきていますが、ボリビアの首都ラパスには絶対食べて欲しいB級グルメがあります。

スープがジューシー!サルテーニャ

ボリビアサルテーニャ2
出典:https://www.instagram.com/rosannabird/

地元ラパスの人の定番朝ごはんが「Salteña(サルテーニャ)」。朝食なので、ほとんどのお店は朝しか売っていませんのでご注意を!巨大な餃子のような生地の中に、ジューシーなスープと色んな具材が入っています。具材はお店によって異なりますが、チキンや牛ひき肉と、玉ねぎ、ポテト、にんじん、オリーブ、ゆで卵など。
周りの生地はサクッとしたパイのような、クッキーのような生地ですが、油断していると生地が崩壊して中身のスープがこぼれ出てしまいます。ですので、スプーンを使ったり、先にスープを吸ってみたり、食べ方にも工夫が必要です。

ここで食べるのがおすすめ!

ボリビアサルテーニャ3
出典:https://www.facebook.com/Salteñas-Diablo-53059866184/?fref=photo

おすすめのお店は「Salteñas Diablo(サルテーニャス・ディアブロ)」。
ディアブロは悪魔という意味なので、お店の看板にも悪魔のキャラクターが載っています。こちらのお店のサルテーニャメニューは牛ひき肉とチキンで、それぞれノーマルかスパイシーかを選べます。料金は1つ7ボリビアーノで、約1米ドル。ボリューム満点なのに安いのも魅力!

作り方は、まず炒めた具材とスープを混ぜ合わせ、ゼラチンで固めたものを餃子形の生地で包みます。それをオーブンで焼くと、熱せられた中身は溶けてスープ状になり、外はサクッと、中からはジューシーなスープが溢れ出す、ということです。

どうですか?食べてみたくなりましたよね!
ウユニ塩湖に行く前後に、ぜひ首都ラパスに立ち寄ってサルテーニャを食べてくださいね!

  • facebook
  • twitter

おすすめ!