海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

海外旅行へ行く前に知っておきたい!日本では食べられない海外で話題のグルメ情報

HOME>グルメ

アメリカでドーナツを食べるならココ!「The Donut Man」

  • 2016/11/07
  • facebook
  • twitter

日系3世のアメリカ人が営む老舗のドーナツ店

the-donut-man2
出典:https://www.instagram.com/p/uBvkx9Jia_/?tagged=thedonutman&hl=en

LAから車で1時間ほどのところにあるThe Donut Man(ザ ドーナツマン)は、40年以上続くローカルドーナツ店です。The Donut Manを営むのは、日系3世のアメリカ人・ジム ナカノさんと奥さんのミヤコさん。最初は生計を立てるために始めたドーナツ店は、今では観光客も足繁く通う有名店へとなりました。

人気は地元の人や観光客に留まらず、日本でも有名なエルビスプレスリーもお気に入りのドーナツ店でした。当時空手を習っていたエルビスプレスリーは、空手の先生に頼んでThe Donut Manのラズベリードーナツを買ってきてもらっていたそうですよ。

“The Donut Man”という名前の由来は、ジムさんがレストランで夕食を食べていた時に、知り合いの小さい女の子に「It’s the doughnut man! (ドーナツおじさんだ!)」と呼ばれたことがきっかけだったそうです。

24時間いつでもフレッシュなドーナツが楽しめる

the-donut-man3
出典:https://www.instagram.com/p/3LGTdXhj8V/?tagged=thedonutman&hl=en

The Donut Manはローカルなお店でありながら、24時間、そして祝日を除いて毎日営業しています。いつでもフレッシュなドーナツを食べることができるのは、カルフォルニアでもThe Donut Manだけなのではないでしょうか。

昔から変わらない美味しさを、値段を変えることなく販売し続けるThe Donut Man。ジムさんのこだわりが詰まったドーナツは1個4ドルから販売されています。

死ぬまでに食べたいドーナツとして紹介された、フレッシュストロベリードーナツ

《ページ》

  • facebook
  • twitter