海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

海外旅行へ行く前に知っておきたい!日本では食べられない海外で話題のグルメ情報

HOME>グルメ

マレーシアで天然記念物のあの生き物を食べてみよう!

  • 2016/02/27
  • facebook
  • twitter
crab 出典:https://www.instagram.com/p/BA0ca0QqWD2/?tagged=horseshoecrab
海外旅行のひとつの楽しみといえば、その国の食文化。
日本では見たこともない素材を使ったその国独自の料理は、
食べるのに勇気が要りますが、本当に美味しいものに巡り会えたときの感動は
旅行の思い出になりますよね。
そんな感動が、東南アジアのマレーシアで味わえるかも知れません!

「生きた化石」をいただきます

マレーシアは、マレー半島とボルネオ島の一部・サバサラワク州から成り立つ国で、
首都のクアラルンプールという名前は、
皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか?
今回ご紹介するのは、首都クアラルンプールから車で1時間半、
世界遺産の街並みをもつムラカ(マラッカ)でいただくことができる食事です。

苦手な方もいると思いますので、閲覧注意!

その正体はこちら。

crab2
出典:https://www.instagram.com/p/BAXJ06_DGX6/?tagged=horseshoecrab

そう、カブトガニ!
日本では天然記念物に指定され、「生きた化石」と呼ばれています。
可食部があまりなさそうだし、
美味しくなさそうなオーラが漂うカブトガニですが、
アジアでは食用として用いられている場所もいくつかあるのだとか。

調理方法

カブトガニの調理はいたってシンプル。
時間をかけて丸焼きです。

カブトガニに身はないため、食べるのは甲羅の裏にある卵の部分のみ
気になるお味ですが、「塩気があり美味しい」「一般的なカニの味がする」
という意見から「食感が不快」「独特の臭みがある」など、賛否両論です。

crab3
出典:http://traveldave.com/world/rtw/penang-culinary-paradise/

食べる前に知っておくこと

その国では普通に食されていても、日本人の体に合わなかったり、
予め知識をもっておく必要がある食べ物ってありますよね。
カブトガニも、挑戦するならば自己責任である食材である一つなんです。

カブトガニはフグと同じく、テトロドトキシンという猛毒を持つ生き物で、
食用時に毒の部分を除去する必要があります。
特に2月〜6月期は有毒なカブトガニが多く、
食べる前に店員さんに必ず安全に食せるのか確認することと、
卵以外の部分には手をつけないほうが良さそうです。

crab4
出典:http://www.theblogpaper.co.uk/article/culture/06jan10/strange-food

タイではこんな有毒なカブトガニも、縁起の良い食べ物とされているそう。
やっぱり世界の食文化や食の価値観ってそれぞれ違って面白いですね!
  • facebook
  • twitter

おすすめ!