海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

世界の「体験したい!」がきっと見つかる!海外アクティビティ情報

HOME>アクティビティ

神々が宿る、マレーシアの「バトゥ洞窟」に行ってみよう

勇気がある人は祭に参加してみよう!

スクリーンショット 2017-06-24 15.02.15
出典:https://www.instagram.com/p/BVPVDQKl9x_/?tagged=thaipusam

祭当日の修行者達は、かなり痛々しい様相ですので、何も知らずに言ったらショックを受ける人もいるかもしれません。誰かを連れて参加する場合は、事前の説明をしっかりして参加しましょう。また、人が多く、気分が高まって少し危険な人もいるので、1人で行くのはなるべく避けてくださいね。

タイプーサムでは、修行者は舌に銀の串を刺し、顔や体にも針の飾りを刺して練り歩きます。麻酔も打たずに貫通させるそうですから、かなりの痛みを伴うはずですが、それも信仰心が深ければ痛くないということなのか・・・

下の写真はまだ刺激がマイルドですが、手前のお姉さんの舌にも矢が刺さっています…

スクリーンショット 2017-06-24 15.00.57
出典:https://www.instagram.com/p/BVYZieXDUfm/?tagged=thaipusam

また、カヴァディという神輿飾り(竹の枠組みに花や椰子の葉などで装飾したもの)を担ぐ者は、それ自体も身体に突き刺しますので、血で皮膚が赤く染まってしまう修行者もいます。想像しただけでも痛いのは筆者だけでしょうか・・・

スクリーンショット 2017-06-24 15.50.21
出典:https://www.instagram.com/p/BQRq4LVllJM/?taken-at=133390070160477

ということで、マレーシアの「バトゥ洞窟」をご紹介しました。いかがでしたか?
ヒンドゥー教を信仰していなくても、4億年前の石灰岩でできた洞窟にいるだけで、何かパワーを感じることができるかもしれないですね。

マレーシアで少し変わった体験がしたいという方は、ぜひ「バトゥ洞窟」に行ってみてください!

《ページ》

  • facebook
  • twitter