海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

世界の「体験したい!」がきっと見つかる!海外アクティビティ情報

HOME>アクティビティ

ラオス旅行のついでに象使いになろう!

  • 2016/03/08
  • facebook
  • twitter
laos 出典:https://www.instagram.com/p/BAih5hfn-kW/?taken-at=239237037
就職のため、キャリアアップのため、
何か資格を取ろうかとお悩みの方にはためにならない情報だと思いますが、
東南アジアのインドシナ半島にあるラオスに、1日で取得できてしまう
貴重な資格があるので、ご紹介します!

ラオスでは一般的な職業「象使い」に俺はなる!!

ラオスの首都ビエンチャンから飛行機で1時間半、
車で9時間ほど進んだところにある世界遺産の街ルアンパバーンには、
像使いの資格取得ツアーを斡旋するお店がたくさんあるんです!

laos2.46
出典:http://jp.soidb.com/luang-prabang/agent/manifa-travel-sisavangvong.html

そもそも象使いとはその昔、象に命令を出し輸送や開墾を行う役目でしたが、
今では観光客を乗せた象を先導する役目をもった職業となっています。

ツアー代金はお店によってだいぶ異なるため、
ツアーの内容や日数など確認が必要です。

日本人観光客がよく利用するお店として紹介されているのが
「MANIFA TRAVEL」というツアー代理店。
他の店舗に比べ、安くツアーに参加できます。

いざ、象と対面!

まずは、その日1日を共にするパートナー象と対面です。
相性が重要になってくるので、臆さず触れあいましょう!

laos3
出典:https://www.instagram.com/p/BBW98SGghXV/?taken-at=239237037

スキンシップをとろう!

はじめに、椅子付きの象の背中に乗り、森を散策します。

laos4
出典:https://www.instagram.com/p/_6hR-VjM7a/?tagged=elephantvillage

はじめは怖いかも知れませんが、椅子は意外と安定感があるので、
次第に慣れてきます。象の歩くリズムを感じながら自然を満喫しましょう。

一緒にお昼ごはん

続いては象にえさやりです。
まだまだトレーニングは続くので、
パートナーの象にも元気をつけてもらいましょう!

laos5
出典:https://www.instagram.com/p/BA88TPAK6vK/?tagged=elephantvillage

ツアー参加者の食事も用意されているので、
えさを食べる象を見ながら一緒に食事をとることができます。

食事のあとはついに象に直乗りです!

象使いというからには、
自分の指示通りに象を動かすことができなければいけません。
ツアースタッフから象を操る言葉を教えてもらい、
コントロールをする練習をします。これがなかなか難しい!

洗礼を受けよう!

パートナーの象とだいぶ親しくなったところで最後のトレーニング!
近くにあるメコン川で、なんと一緒に水浴びをします。

laos6
出典:https://www.instagram.com/p/BAvlonyCrTy/?tagged=elephantvillage

「ブーン」と指示すると、象は鼻に含んだ水を噴射します。
遊び心のあるツアースタッフだと、なにやら象に指示を出し、
乗っている人を川へ振り落とさせるそう!

laos7
出典:https://www.instagram.com/p/BAgEOruTJuZ/?tagged=elephantvillage

水浴びどころか完全に泳ぐ羽目になりそうです

これらすべての行程を終えると、あなたも立派な象使い!
トレーニングが終わると、写真つきの象使い免許証が発行されます。

残念ながら日本では有効な資格ではありませんが、
履歴書に書いたり、話のネタとしてはかなり有益な体験になること間違い無し!

  • facebook
  • twitter

おすすめ!