海外旅行に行きたくなる情報サイト 「キクミル」

世界の「体験したい!」がきっと見つかる!海外アクティビティ情報

HOME>アクティビティ

オーストラリア・メルボルンで蒸気機関車に乗ろう!

  • 2016/03/05
  • facebook
  • twitter
汽車外観 出典:http://urx.mobi/qfC5
オーストラリア最古の蒸気機関車「パッフィンビリー」は、
機関車トーマスのモデルになったとも言われている列車です。

当時、物資運搬などのために運行していましたが、
現在はベルグレーブとジェムブルックの25キロを結ぶ、
約1時間20分間の観光用アトラクションになっています。

今回は「パッフィンビリー」の魅力を紹介しましょう!

魅力は、やはり開放感!

足放り出し
出典:http://urx.mobi/qfCz

列車は道中、森林地帯を通り抜け一番の見どころである
木製のトレイスル橋を渡ります。
ただ渡って景色を観るだけではありません。客車はオープンタイプの窓になっており、
天気の良い日は足を外に放り出して最高の景色と、清々しい風を感じられます。
レトロな蒸気機関車は子供から大人まで楽しめ、
物語の世界に飛び込んだかのような気分を味わえます。

もう一つの楽しみ方

車内でランチが食べられるランチョントレインも運行しています。
ランチョントレインは、毎日1回ベルグレーブ駅を12時30分に出発して、
途中のレイクサイド駅で下車して、森林の中を
ウォーキングや湖でボードなどを楽しんだ後、元の駅に15時30分に戻るプランです。
こちらは予約が必要です。忘れずに!

愛が詰まった機関車

パッフィンビリー鉄道は1953年に一度廃止されましたが、
多くのボランティアが中心となり、1965年に運行が再開されました。
現在も機関士や、運行スタッフのほとんどはボランティアで支えられています
今後も数多くの人たちを乗せて、愛され続けてほしいです。

出典:https://youtu.be/4JWbLN0f8ts

  • facebook
  • twitter